膿疱性乾癬について。

膿疱性乾癬も乾癬が進行した症状のひとつです。
こちらは乾癬の症状に膿疱(ウミ)が溜まったものです。
尋常性乾癬と同様に原因の解明は出来ておりませんが、
細菌感染と関係があると考えられております。

 

膿疱性乾癬の症状の現れ方

 

膿疱性乾癬はニキビのように赤い発疹で始まり、2、3日の間に
急に大きくなります。それとともに赤い発疹の周りをウミが出て、
中心が赤褐色の色のついた状態になります。

関連ページ

尋常性乾癬
尋常性乾癬は、乾癬患者の9割にあたる方がこの尋常性乾癬と言われています。症状も典型的な症状で皮膚が赤く盛り上がり、フケのような付着しています。それが、ポロポロと落ちていく皮膚疾患の事です。
滴状乾癬
滴状乾癬とは、腕や脚、頭皮、または胴体などに滴状の紅斑が出来る皮膚疾患の事です。尋常性乾癬の次に多いのがこの滴状乾癬と言われております。主に子供や30代未満に多いとされています。
乾癬性紅皮症
乾癬の種類と症状を知る事で適切な改善法を選びましょう。正しい知識と正しい改善法が乾癬を治す為の近道だと私は考えます。まずは自分の乾癬がどのようなものなのかを理解しましょう。
関節症性乾癬
乾癬の種類と症状を知る事で適切な改善法を選びましょう。正しい知識と正しい改善法が乾癬を治す為の近道だと私は考えます。まずは自分の乾癬がどのようなものなのかを理解しましょう。